逆カードリーディング

通常は、カードの中身を見ないでカードを引いてリーディングしますが、その逆をやってみました。
つまり、「カードの中身を見て」カードを引く、逆カードリーディングです。

まず、ひとつのデッキを取り出して、1枚ずつカードを見ていきます。
はじめに選んだのは、

「このカード、なんかヤダな」

と思ったカード。
本来のカードの意味になるべく囚われず、カードの絵柄のみを見て選んでいきます。
何枚選んでも構いませんが、枚数が多くなるとリーディングが大変になるので、2、3枚くらいがよいと思います。

そして次に、

「このカードは好き、なんか惹かれる」

というカードを選んでいきます。
こちらも何枚でも構いません。

実際にやってみました。
使用したカードは、「セイント&エンジェルオラクルカード」。
私がはじめて買ったカードなので、もちろんそれぞれのカードの意味は覚えています。
けれどなるべくカード本来の意味に囚われず、絵柄のみを見てカードを選びました。

私が「嫌だな」と思ったカードはこちらの3枚
↓↓↓

そして、私が「なんか好き、惹かれる」と思ったカードはこの2枚
↓↓↓

それぞれのカードを見ていきましょう。

まず、「嫌だな」と感じた3枚。
1枚目(一番左)のカードは、天使が水面に手を入れようとしています。
なぜ嫌だと思ったのかというと、水(感情、心)に手を入れようとしているのが、何となく嫌な感じがしました。

そして2枚目(中央)のカードは、全体的にゴチャッとしたイメージで落ち着きがない感じがしたから。
3枚目(一番右)のカードは、せっかくお花を持っていて蝶もいるのに、そこから目を逸らしているから、
でした。

何となく嫌い、なんか好きじゃない、と思ったカードから得たものは、
「今の自分の嫌いな部分」
ですね。

・自分自身の心と向き合っていない
・ごちゃごちゃとして整理整頓されていない
・目の前にあるものから目を逸らしていること

これらが、今の自分の嫌いなところです。
ものすごく納得です……(^^;)
自分の気持ちから逃げているところは確かにあるし、自分の身の回りも、そして自分自身の気持ちも整理整頓できていないし、「こうした方がいいよ」っていう良いアドバイスやより良い選択肢が目の前にあるのに、ずっと目を逸らし続けてます…
そんな自分がイヤ。
確かに。すごくよく分かります(^^;)

そして、「なんとなく好き、惹かれる」と思ったカードを見ていきます。

まず1枚目(左)のカードは、黒いヒョウ?の背中に乗っている天使のカードです。
とても落ち着いた印象だし、黒ヒョウの力強いまなざしに、「いいな~」と思いました。
2枚目(右)のカードは、金色に輝く光のカードです。
これはもう、見た瞬間に「これはもう絶対に外せない!」と思ったカードです。

何となく好き、惹かれるカードから得たものは、
「なりたい自分」「理想像」
です。

・落ち着いていて、自信・勇気のある人になりたい。(肉食動物は、「実力、勇気、叡智、自信」の象徴です)
・光り輝きたい

これが今の私が求めているもののようです。

この理想の自分に近づけるために必要なのが、最初に選んだ「なんか嫌なカード」のメッセージです。
今回の場合は、

・自分自身の心と向き合っていない
・ごちゃごちゃとして整理整頓されていない
・目の前にあるものから目を逸らしていること

ですね。
これらを改善していくことで、「なんか好き」と感じたカード、つまり「なりたい自分」に近づけることが分かります。

・自分自身の心としっかり向き合う
・環境も自分自身の気持ちも整理整頓する
・目の前にあるものをしっかり見つめる

これらを実行することで、「自信をもっている自分」「輝く自分」に近づける、という訳です。

はじめての試みでしたが、意外と読みやすくて面白かったです。
自己リーディングに最適ですし、手持ちのカードを1枚1枚じっくりと見るよいきっかけにもなりますよ~♪

客観的に今の自分の気持ちや内面を見ることが出来ますので、ぜひ一度やってみて下さいね!



【通信講座メニュー】
◆タロットカード通信講座
◆タロットカード テキスト販売

【メール鑑定メニュー】
◆タロットメール鑑定
◆中国式四柱推命メール鑑定

【カードリーディングのコツ一覧】
◆タロットカードリーディングのコツ一覧
◆オラクルカードリーディングのコツ一覧
※タロットカード・オラクルカードのリーディングのコツなどをまとめた記事の一覧です。

◆占いサイト「わのおと(和の音)」ホームページ
◆お問合せメールフォーム

タイトルとURLをコピーしました