カードリーディングをしやすくするためのコツ

今回は、カードリーディングをする時、よりリーディングしやすくなる「コツ」を書いてみたいと思います。

「YES」「NO」といった答えを求めるような質問は避ける

例えば、

「今度の試験に合格しますか?」
「片思いの相手に告白したらOKをもらえそうですか?」
「新しい仕事は成功しますか?」

といった質問。

もちろん、このような質問でもリーディングすることは可能です。
けれどはっきりと「YES」「NO」といった答えを1枚のカードから引き出すことはなかなか難しいですし、仮にどちらかの結果がはっきり出たとしても、そこから何の気づきもアドバイスも受け取ることは出来ません。

もし、上記に書いたような質問をしたい場合は、ただ「YES」「NO」を求めるよりも、

「今度の試験に合格するために必要なメッセージをお願いします」
「告白を成功させるために、私が気をつけるべきことは何ですか?」
「新しい仕事を成功させるために、今自分がとるべきステップはなんですか?」

といった内容の方が、リーディングもしやすいですし、カードからのアドバイスも受け取ることが出来ます。
もちろん、「YES・NO」を判定するような質問は絶対にしてはダメ!ということではありませんよ。
YES・NOを判定したい場合は、カードよりも例えばペンデュラムなどを使った方が良いかもしれません。
また、ヘキサグラムやケルト十字法などのスプレッドを使えば、結果やアドバイスなどさまざまな点からリーディングすることが出来ますので、枚数の多いスプレッドを使ってさまざまな角度からメッセージを受け取ってみましょう。

ネガティブな内容の質問は避ける

例えば、

「告白に失敗しないために必要なメッセージをお願いします」
「彼と喧嘩をしないために必要なメッセージをお願いします」

など。

これでは、「失敗すること」「喧嘩すること」が前提になってしまいます。
そのつもりはなくても、「失敗するかも」「喧嘩するかも」という気持ちが自分の中にインプットされてしまう訳です。

このような場合は、

「片思いの相手とうまくいくために必要なメッセージをお願いします」
「彼とずっと仲良くするために必要なメッセージをお願いします」
といった内容に変えた方が良いでしょう。

時期を決める

例えば、「過去」「現在」「未来」のスリーカードリーディングをした場合。
「未来」とは何ヶ月先のことなのかを決めておかないと、いったいどれくらい先なのだろう?とリーディングする時に困ってしまいます。
ですので、「未来」は3ヶ月後なのか半年後なのか一年後なのか、それとももっと先のことなのか、カードを引く前にしっかり決めておいた方が良いでしょう。

カードはだいたい1年後までしか見ることは出来ないと言われていますので(遠い未来になればなるほど、的中率が落ちてしまうため)、出来れば1年以内に設定した方が良いでしょう。

私の場合は、「未来」は3ヵ月後~半年後にしています。
時期を決めておけば、リーディングする時にスムーズにカードを読むことが出来ますよ。

同じ質問を何度も繰り返さない

気になる事や悩みがあると、ついつい何度も同じ質問をしてしまいたくなりますよね。
けれど、何度も繰り返してしまうと、結局はどのメッセージを信じて良いのか分からなくなってしまいます。

こうなってしまうと、リーディング結果もにごってしまい、メッセージを受け取れなくなってしまいますよ。

大切な質問ならば尚の事、集中して1回だけリーディングするようにしましょう。
もしくは、3ヶ月くらい時間を置いてから再度同じ質問をしてみて下さい。

 

ほんのちょっとのコツで、かなりリーディングしやすくなると思います。

自分はどのようなメッセージが欲しいのか、
どのような質問をしたいのかを一度整理してから、
ベストな質問内容を考えたり、落ち着いてリーディングしてみて下さいね。



【通信講座メニュー】
◆タロットカード通信講座
◆タロットカード テキスト販売

【メール鑑定メニュー】
◆タロットメール鑑定
◆中国式四柱推命メール鑑定

【カードリーディングのコツ一覧】
◆タロットカードリーディングのコツ一覧
◆オラクルカードリーディングのコツ一覧
※タロットカード・オラクルカードのリーディングのコツなどをまとめた記事の一覧です。

◆占いサイト「わのおと(和の音)」ホームページ
◆お問合せメールフォーム

タイトルとURLをコピーしました