タロット初心者はまずはワンカードから!

今までも何度か記事に書いていますが、タロット初心者さんにありがちなのが、タロットのこともスプレッドのこともよく分からないのに難しいスプレッドに挑戦してしまう……ですね。
たとえば、「ケルト十字法」とか「ヘキサグラム」とか「ナインスプレッド」とか。
で、「こんなカード出たんですけど、誰か分かる方リーディングして下さい!」ってやつね。よく知恵袋でも見かけます。

これはね、無理ですよね。
タロットカードの意味や解釈は人それぞれなので、タロットをやる場合は「自分なりの意味や解釈をきちんと持っている」ことが大前提です。
カードの意味も分からずとにかくカードを引く、というのは無謀としか言いようがありません。
さらにそれを他の人にリーディングしてもらおうとても、先に書いたように「カードの意味や解釈は人それぞれ」ですので、読む人によって結果が全く変わってきてしまいます。
ですので、自分で引いたカードを他の人に読んでもらう、というのはあまり意味がないんです。

そして、使用するスプレッドの内容が分からないままカードを引いても、結局はどう読んで良いのか分からず、これも正しいリーディングが出来ません。
「ケルト十字法」という同じ名前のスプレッドでも、その内容やカードの並べ方は占者によってさまざまですので、スプレッド内容によっては全く違う間違ったリーディングをしてしまうことになってしまいます。

なので、タロット初心者さんたち。
訳も分からずスプレッドリーディングに挑むのはやめておきましょう。

タロット初心者さんは、まずは自分なりのカードの意味や解釈をまとめたり、タロット本を1冊用意して「この本の解釈でリーディングする」と決めてからカードを引くようにしましょう。
カードを引いてから、「このカードの意味はどんなのがあるんだろう?」と意味や解釈を調べ始めると、めっちゃ意味がたくさんあったり、本やネットによって意味が違っていて混乱するだけです。
ですのでまずは、「カードの意味や解釈はこれ!」と決めること。それからカードを引いてみて下さい。
これだけでかなりカードリーディングがしやすくなりますよ。

そして、最初から難しいスプレッドに挑まない(笑)
もちろん、最初から難しいスプレッドにチャレンジしても良いんですけれど、結局何をどう読んで良いのか分からず挫折してしまう……タロット難しい、分からない、で終わってしまう……といったことになりがちです。

なので!
何度も言いますが、初心者さんはまずはワンカードから!
1枚のカードを読むところからはじめてみて下さい。

質問をして1枚カードを引く。
これを練習していきましょう。
質問をしてカードを見て、ぱっと意味やカードが伝えたいことが分かるようになったら、それだけで立派なカードリーダー、タロット占い師ですよ。

スプレッドリーディングにこだわらず、まずは出来ることから少しずつやっていきましょう。(^^)/



【通信講座メニュー】
◆タロットカード通信講座
◆タロットカード テキスト販売

【メール鑑定メニュー】
◆タロットメール鑑定
◆中国式四柱推命メール鑑定

【カードリーディングのコツ一覧】
◆タロットカードリーディングのコツ一覧
◆オラクルカードリーディングのコツ一覧
※タロットカード・オラクルカードのリーディングのコツなどをまとめた記事の一覧です。

◆占いサイト「わのおと(和の音)」ホームページ
◆お問合せメールフォーム

タイトルとURLをコピーしました