ヘキサグラムのやり方

「ケルト十字法」と同じくらい、とてもポピュラーで使いやすいスプレッドに「ヘキサグラム」があります。
ヘキサグラム(六芒星)という名前のとおり、三角形と逆三角形を組み合わせたような形のスプレッドです。
過去・現在・未来にかけての時間の流れ、質問に対するアドバイスや周囲の状況、自分の気持ち、そして結果と、少ない枚数でさまざまなことが分かります。

枚数も7枚と少なめですし、色々な質問に対して使えますので、初心者の方にはおススメのスプレッドです。

カードの並べ方、リーディングの方法

これも占者や本によって、配置するカードの意味が微妙に違います。

私が使っているヘキサグラムの場合は、上記の写真のとおりの配置になります。
これが一般的という訳ではありませんので、インターネットや本で色々調べて、自分が使いやすい内容のヘキサグラムを見つけて下さい。

1.過去
2.現在
3.未来
4.アドバイス
5.周囲の環境
6.自分の気持ち
7.結果

まず、質問に対して「過去」「現在」の時間の流れを見てみましょう。
恋愛に関する質問ならば、パートナーとの過去から現在にかけての変化や動き、金運に関してならば、お金の流れが過去から現在にかけてどのように変化しているのかなどを見てみましょう。
そして「未来」は、「現在」からどのように変わっていくのか、それとも変わらないのか、今後の時間の流れを見ていきます。

「アドバイス」は、質問に対してどうすればもっと状況が良くなるかを示してくれます。
もし「結果」があまり良くなかったとしても、この「アドバイス」を参考にすることで「未来」も「結果」も変えていくことが出来ますよ。

「周囲の環境」は、質問に対して自分の周りはどうなっているのか。
例えば自分の家族の状況、友達の気持ち、職場、仲間たちなど、自分の身近な人達の気持ちや環境がどのようなものなのかを知ることが出来ます。
恋愛運の場合、この位置を「パートナーの気持ち」「片思いの気持ち」として見てもよいでしょう。
その場合は、カードをカットして引く前に、「5のカードはパートナーの気持ちとして読む」など、意図することを忘れずに。

「自分の気持ち」は、質問に対して自分はどう思っているのか、潜在意識の中ではどのように感じているのかを見ることが出来ます。
恋愛に関する質問でここに、「あまり恋愛に興味がない」とか「消極的で行動できない」といったメッセージが出た場合は、まずは自分の気持ちを変えることを意識したり、恋愛よりも別のものを優先すべきだったんだと気付くことが出来ます。

最後の「結果」は、質問に対する「答え」です。
この「結果」と「未来」は、あくまで「予測」であり決められたものではありません。
「アドバイス」「周囲の環境」「自分の気持ち」をよく読みとり、どうすれば良い結果になるのかを考えることでいくらでも変えていけます。
この「結果」にばかり捕らわれずに、あくまで参考程度に留めておきましょう。

それでは、実際にヘキサグラムでリーディングをしてみましょう!

 

サンプルリーディング

使用したカードは、「エンジェルタロットカード」です。
(※タロット本来の意味ではなく、カードの絵柄を見てリーディングをする「ガイドブックを使わないリーディング法」で読んでいきます。)
もちろん普通のオラクルカードでもリーディングは可能ですし、通常のタロットリーディングでもOKです。
好きなカードでやってみましょう。

質問は、「受けようか迷っている講座がある。その講座を受けた場合の未来について」で引いてみました。


出たカード
1.過去 地の8
2.現在 風の9
3.未来 地の6
4.アドバイス 水の9
5.周囲の環境 火の3
6.自分の気持ち 8正義
7.結果 風のエース

まず過去のカードを見てみますと、「地の8」のカードが出ています。
本をたくさん積み上げて、勉強している妖精が描かれています。
これは、過去にもたくさんの勉強や学びをしてきた、気になる講座やコースを受けてきたことを意味しているようです。

そして現在のカードは「風の9」でした。
9頭のユニコーンのうち、8頭が眠っている姿が描かれています。
起きているのは1頭だけ。それも目が開いているかいないかはっきりしません。
講座について、まだよく見極めていない状態、「絶対に受けたい!」という訳ではなく、「何となく良さそうだから」といった程度の気持ちであることが伝わってきます。

未来のカードは、「地の6」でした。
質問は「受けた場合の未来」でしたから、このカードが示すメッセージは、「講座を受講した場合の未来」について示してくれています。
生い茂った森の中。高い山には光が差し込んでいて、妖精がコインをひとつ、天秤に積み上げようとしています。
天秤は「調和の取れた自分自身」でしょう。
講座を受講することで、さらに自分の中で調和が取れてくるようです。
森の緑は「成長」、山にあたっている光は「困難の克服」というメッセージに感じましたので、受講したことでますます自分の中で調和が取れるようになり、自分の成長を促したり、課題や障害といった自分がやるべき物事がスムーズに動き出せるようになるようです。
受講すること自体は悪くはなさそうですね。

アドバイスのカードは、「水の9」でした。
カップの中にはキラキラと輝く財宝が入っていて、人魚の上には光が差し込んでいます。
財宝はすでに持っている自分自身の才能や知識、人魚の頭を照らしている光は「直感」のように感じました。
すでに自分自身には必要なだけの才能や知識はあるけれど、直感に従って行動することでさらに自分の個性を光らせていくことが出来る、といったメッセージに感じました。
受講することで才能が開花していくようですが、今のままの自分でも十分ですよ、という事のようです。
つまり、受講してもしなくてもいいよ、というアドバイスのようですね。

周囲の環境は、「火の3」でした。
荒れ狂う海?や火山を、ひとりの女性が見つめています。
その女性を、隣にいるドラゴンは見つめているように感じました。
荒れている水面や火山は、一見あまり良い兆候には感じないかもしれませんが、蝶が一匹飛んでいるのが印象的です。
大きな変化が伴うかもしれませんが、それは「幸運」や「良い変化」へのステップのようです。
質問者の周りには、講座を受けて劇的に変わった人や良い兆候が現れた人が多かったのではないでしょうか。
そういった意見を聞いたので、受講したくなったのかもしれません。
「現在」で「何となく良さそうだから」といった気持ちしかないのも、このためかもしれませんね。

自分の気持ちは、「正義」でした。
唯一の大アルカナカードです。
剣と天秤を持ち、足元はもやっとしているのが印象的です。
この講座は自分にとって良いか悪いか、利があるのかそれともムダなのかを、冷静に考えて分析しているように感じます。
冷静に判断することで、「受けようか、それともやめとくべきか?」といったモヤモヤな気持ちを断ち切ろうとしているようですね。
周囲の環境のカードから、「みんなが良いっていっているから」という気持ちで受講を考えているため、余計にモヤモヤしているのでしょう。
大アルカナカードですので、その質問者の気持ちはとても大きいものであることも分かります。

最後に「結果」は、「風のエース」でした。
茶色の木々の中で、1頭のユニコーンが立っています。
とても寂しげな感じに見えますが、ユニコーンの翼がとても大きく広げられていて、尻尾やたてがみが立派なのがとても印象的に見えます。
枯れている葉っぱもあるので、受講したことをこれからガンガン使っていこうとか、そういったことはないかもしれません。
けれどそれは決してムダという訳ではなく、自分自身の自信のひとつになったり、自分を振り返ることで自分自身をより理解し成長されてくれるようです。
未来のカードも合わせると、受講することは悪いことではなさそうです。

アドバイスカードも、受講してもしなくてもいいよ~と言っていますし、やはり大アルカナカードが出ていた「自分の気持ち」を大切にして、受講を決めることが一番のようですね。

こんな感じになります。
さまざまな質問に使えますので、ぜひ一度チャレンジしてみて下さいね。



【通信講座メニュー】
◆タロットカード通信講座
◆タロットカード テキスト販売

【メール鑑定メニュー】
◆タロットメール鑑定
◆中国式四柱推命メール鑑定

【カードリーディングのコツ一覧】
◆タロットカードリーディングのコツ一覧
◆オラクルカードリーディングのコツ一覧
※タロットカード・オラクルカードのリーディングのコツなどをまとめた記事の一覧です。

◆占いサイト「わのおと(和の音)」ホームページ
◆お問合せメールフォーム

タイトルとURLをコピーしました