シャッフルやカットってどれくらいやったらいいの?

今回は、

シャッフルやカットってどれくらいやれば良いか?

について書きたいと思います。

答えを先に書いてしまうと、

「もうこれでいいと思ったところまでカット(シャッフル)する」

ですね。
つまり「自分の感覚」でカットしていきます。

えー!それじゃあ全然わからんよー!という方もいると思うのですが、これはもう慣れていただくしかありません(^^;)

例えば、

・「あと5回カットする」など直感で感じた回数分カットして終わる
・すべてのカードに触れた気がしたらカットを終わる
・カットしながら、「このカード」と感じたカードを引いていく

など、カードリーディングをしていくうちに、自分だけの感覚やコツが分かってきます。
「カットはこうしなければならない!」といった決まりはありませんので、自分のやりやすい方法を見つけてみましょう。

手が小さくてカットがしにくい、カットしようとするとすぐにボロボロとカードを落としてしまってしっかりまぜることが出来ない、という場合は、

1.カードの束をざっくりとカットする
2.テーブルの上に扇状に広げる
3.直感で必要な枚数分カードを引く

という方法もあります。
これだと、カードをしっかり混ぜなくても大丈夫ですし、カードがボロボロこぼれる心配はありませんよ(^^)

ちなみに、カットはトランプを切るようにカードの束を混ぜ合わせること。
シャッフルはテーブルの上にカードを広げて、両手で混ぜ合わせることを言います。
(占者さんによっては呼び方が違う場合もあります)

ドリーンさんのオラクルカードは、カードの厚みがあるのでシャッフルには向きません。
すべりが悪くて混ざりにくいですし、カードが傷つく原因にもなります。

それにタロットのように逆位置(カードが逆さまに出る)でカードの意味が変わる訳ではないので、出来ればシャッフルよりもカットの方が良いと思います。

シャッフルする場合は、タロットクロスなどを使って下さいね。
カードが混ぜやすくなりますし、カードの汚れを防止することが出来ますよ。



【通信講座メニュー】
◆タロットカード通信講座
◆タロットカード テキスト販売

【メール鑑定メニュー】
◆タロットメール鑑定
◆中国式四柱推命メール鑑定

【カードリーディングのコツ一覧】
◆タロットカードリーディングのコツ一覧
◆オラクルカードリーディングのコツ一覧
※タロットカード・オラクルカードのリーディングのコツなどをまとめた記事の一覧です。

◆占いサイト「わのおと(和の音)」ホームページ
◆お問合せメールフォーム

タイトルとURLをコピーしました