タロットカードの大アルカナカード

タロットカードは、全部で78枚あります。

そのうち、大アルカナカードと呼ばれるカードが22枚。
小アルカナカードが56枚です。

この大アルカナカードは、「愚者」「魔術師」「運命の輪」「死神」など、1枚ずつカードに名前がついています。

タロットを知らなくても、よく漫画や小説などの題材にもなっていますし、「どこかで聞いたことがある」という方も多いのではないでしょうか。

大アルカナカードは、小アルカナカードに比べて、そのカードの意味が強かったり大きかったりします。

小アルカナカードが「人生に影響を与えない程度の日常」を表しますが、大アルカナカードは「人生に影響を与えるような大きな出来事」「非日常」を表します。

つまり、1枚引きで大アルカナカードが出た、スプレッドで大アルカナカードばかりが並んだ、という場合は、その質問は質問者にとって大きな意味があったり大きな影響力がある、と読むことが出来ます。

例えばヘキサグラムスプレッドで「過去」の位置に大アナルかなカードが出た場合は、「質問に対して過去に何かしら大きな出来事があった」といったように判断出来ます。

このように、小アルカナカードに比べて、大アルカナカードは「大きな意味がある」「強いメッセージが込められている」と覚えておけばOKですよ。

大アルカナカードの中で、一番強いカード、ラッキーなカードは最後の「世界」のカードだと言われていますが、人によっては「星」「太陽」、小アルカナカードの「カップ9(ウィッシュカード)」が一番良いとしている場合もあります。

諸説ありますが、それぞれカードの「良さ」は違いますので、「このカードが一番良いカード!」とは一概には言えない……と私は思います。

「世界」のカードは確かに「完成、完璧、成功」といった良い意味がありますが、完成ということは「それ以上先は無い」「行き止まり」という意味にもなりますので、決して良い意味ばかりではないんですね。

ですので「世界」のカードが出たから良いとか、「星」や「太陽」のカードが出たから良い、と単純に判断することは出来ません。

スプレッドリーディングなら、他の位置にどのようなカードが出ているかを見て、総合的に判断していきます。

けれど、もちろん基本的には「世界」「星」「太陽」すべて良いカードですので、ものすごく悪い意味になるといったことはありませんよ。

そしてもちろん、良いカードばかりではなく、大アルカナカードにはちょっと怖いイメージのカードが含まれています。



左から「死神」「悪魔」「塔」です。

確かに骸骨の死神が描かれていたり、悪魔がいたり、塔が壊れて人が落ちていたりと、見ていて気持ちの良いカードではありません。

このように怖いイメージのカードが含まれているため、「タロットが苦手」という方も多いと思います。

けれど、本当にこのカードが怖いカードなのかというと、決して怖いものではありませんよ。

「死神」も「悪魔」も「塔」も、あくまでシンボルです。

実際に誰かが亡くなったり、悪魔に取りつかれたり、建物が壊れたりしません。(もしそうなら怖すぎる!)

たとえば「死神」なら、基本的な意味は「断ち切る、強制的な終わり」です。

正位置では「ご縁が断ち切られる」「終わり」といったように、あまり良い意味ではありませんが、逆位置になると「(終わった後の)新しいはじまり、新たなスタート」といったように、良い意味になります。

そういった意味、メッセージを「死神」というシンボルで表現しているだけですので、全く怖いものでも、祟られるようなものでもありません。

他のカードも同様です。

怖いと感じるのでしたら無理にタロットカードを使う必要はありませんが、きちんとカードを知ることで、恐れることなくしっかりとカードからメッセージを受け取れるようになりますよ。

 

大アルカナカードが出た時は、「何か強いメッセージを伝えようとしているんだな」と受け取って、カードの意味をしっかりと読み解いていくようにしましょう。



【通信講座メニュー】
◆タロットカード通信講座
◆タロットカード テキスト販売

【メール鑑定メニュー】
◆タロットメール鑑定
◆中国式四柱推命メール鑑定

【カードリーディングのコツ一覧】
◆タロットカードリーディングのコツ一覧
◆オラクルカードリーディングのコツ一覧
※タロットカード・オラクルカードのリーディングのコツなどをまとめた記事の一覧です。

◆占いサイト「わのおと(和の音)」ホームページ
◆お問合せメールフォーム

タイトルとURLをコピーしました