矛盾したカードが出た場合のカードの読み方

今日は、カードリーディングで矛盾したカードが出た場合について書いていこうと思います。

たとえば、「新しい仕事をはじめようと思います。それについて必要なメッセージを下さい」と質問して、オラクルカードの2枚引きをして、以下のカードが出たとします。

使用したカードは、エンジェルカード2です。

左が「オメガ」の「勝利」を表すカード。
そして右が「ブリジッド」の「注意が必要、もう少し深く考えましょう」といった意味のカードです。

片方は「勝利」を表しているのに、もう片方は「注意しなさい」「もう少し深く考えなさい」と矛盾したことを伝えています。
このように矛盾したようなメッセージが同時に出てしまうと、カードリーディング初心者さんは「え?上手くいくの?ダメなの?」「どっちを信じれば良いの?」と混乱してしまったり、「当たっていない」とガッカリしてしまうかもしれませんね。

けれどこのように矛盾したカードが出たとしても、混乱したりガッカリする必要はありません。
このような場合の対処法は、本当に簡単です。

カードのメッセージをそのまま受け取れば良いだけです。

たとえば、上記の2枚のカードならば、

「新しい仕事は上手くいきそうですよ(勝利)。けれど、新しい仕事をはじめる時は注意深く進んで下さい。安易に考えず物事を深く考えながら進んで下さい」

とリーディングすることが出来ます。
これならばまったく矛盾していませんし、スムーズに読むことが出来ると思います。

他にも、たとえばエンジェルアンサーのカードで「YES」と「NO」といった正反対なカードが同時に出た場合は、

「今はイエスでもノーでもない状態ですよ」
「質問に対して、まだ判断する時期ではありません」
「イエスとノー、どちらを選んでも良いですよ」

といったリーディングが出来ます。
(どのメッセージが正しいのかは、一番しっくりくるメッセージを直感で選ぶことで判断します)

タロットの場合も同じです。
ケルト十字法などで、「結果」は良いのに「近い未来は」悪いカードが出た場合は、

「それについては良い結果が出るでしょう。けれど近い未来、ダメになってしまう可能性が高いです」

と読むことが出来ます。
このように読めば、矛盾は全くありません。

矛盾したカードが出たとしても、慌てたりすることなく落ち着いてカードを読むことで、矛盾することなくカードを読むことが出来ます。
矛盾したカードが出ても、丁寧にリーディングしてみて下さいね。

それでもどうしても矛盾している、しっくり来ない、なんだかおかしい感じがする、という場合は、カードが濁っている可能性があります。
カードの浄化が足りなかったり、自分自身の気持ちが乱れていたり、体調が悪かったり、部屋が散らかっていてカードを引くような環境ではなかったなどが考えられます。
そのような時はしっかりとカードを浄化したり、自分自身の気持ちや身体を整えることからはじめて下さい。

カードを引いてから「カードが濁ってるかも…」などと不安になったりしないように、「カードは浄化したし自分の調子も悪くない、部屋は整理整頓してあるし気持ちも落ち着いている」など、事前にきちんとカードや自分自身、環境を整えておくようにしましょう。

オラクルカードの浄化方法



【通信講座メニュー】
◆タロットカード通信講座
◆タロットカード テキスト販売

【メール鑑定メニュー】
◆タロットメール鑑定
◆中国式四柱推命メール鑑定

【カードリーディングのコツ一覧】
◆タロットカードリーディングのコツ一覧
◆オラクルカードリーディングのコツ一覧
※タロットカード・オラクルカードのリーディングのコツなどをまとめた記事の一覧です。

◆占いサイト「わのおと(和の音)」ホームページ
◆お問合せメールフォーム

タイトルとURLをコピーしました