フォーカードリーディング(4枚引き)の方法

気になる彼や、片思いの彼、何を考えているのか分からない恋人のことなど、特定の人との関係を見るにはフォーカードリーディングがおススメです。

恋愛だけでなく、仲違いしてしまった人や職場の人、友達との相性も見ることができるスプレットです。
枚数が少ないスプレットなので、初心者の方や「ケルト十字法はちょっと難しい…」と感じる人にも簡単にリーディングすることが出来ますよ。

カードの並べ方、リーディングの方法

これがカードを並べる順番とカードの意味です。
(写真がまがっててスミマセン…)

1.相手の状況(もしくは相手の気持ち)
2.自分の状況(もしくは自分の気持ち)
3.原因・アドバイス
4.結果

「1.相手の状況」で、お相手のあなたに対する気持ちや、相手の人の今の状況が分かります。
例えば片思いの彼を見た場合、彼があなたをどう思っているか、または彼が今恋愛できる状況なのかどうかが分かります。
タロットで「ソード3」が出た場合、今彼は心が傷ついた状態のようなので「失恋したばかり」とか「仕事でストレスいっぱいで恋愛どころじゃない」といった感じに読むことが出来ます。
ここで「カップ2」、「ワンド3」、「ワンド4」などのカードが正位置で出れば、すでにあなたに気持ちがあったり、あなたとの関係について前向きだったり、あなたに安らぎを感じている、という事になります。

「2.あなたの状況」は、相手に対するあなたの気持ちや状況が分かります。
片思いの彼に対して占って、もし「ワンド6(逆位置)」が出たのならば、「彼のことは好きだけれど自分に自信がない。誰かに負けそうだと思っている」といった気持ちを持っていることが分かります。
また恋人との関係を見て「カップ2(逆位置)」「カップ8」が出たならば、「もう彼に対して気持ちが冷めてる、離れている」という事になります。
自分の気持ちを客観的に知ることが出来るカードです。

「3.原因・アドバイス」は、2人がこの先良い関係になるにはどうすれば良いのか、またうまくいっていない関係ならばその原因は何なのかを教えてくれます。
例えばうまく関係を築けない会社の上司について見た場合、このアドバイスカードを見て関係の改善をすることが出来ますし、なぜうまくいかないのか、その原因を知ることが出来ます。
「ソード7」なら、「もっと頭を使って行動しましょう」、「ペンタクル8」なら「コツコツ努力することが大切です」という事になります。
「ソード7(逆位置)」なら「あなたの計算高い部分がうまくいかない原因になっています」とか、「ペンタクル8(逆位置)」なら「努力をサボっているからうまくいかない」といった原因になります。
原因が分かれば、自然とやるべき事も分かってきます。
アドバイスカードをしっかり理解して、関係をよりよくしていきましょう。

「4.結果」は、質問に対する答えになります。
「片思いの彼との今後は?」と言った質問ならば、二人がどうなっていくのかをカードで示してくれます。
うまくいっていない恋人同士をリーディングして、もし結果に「カップ8」が出たのなら、自然と2人の関係は消滅してしまう可能性を示しています。
また喧嘩している友達との場合で「太陽」が出た場合は、仲直りしてより良い関係を築くことができそうです。

あくまでこれは「今のままならばこうなりますよ」という未来であり、決まっていて変えられないものではありません。
もし悪い結果で、それを受け入れたくないのであれば、お互いの気持ちやアドバイスカードを見て、「結果」を変えていきましょう。

サンプルリーディング

仲の良い友達との関係について、リーディングしてみました。
使用したカードは「ユニコーンオラクルカード」です。
もちろんタロットカードでもOKですし、他のオラクルカードでもリーディングすることが出来ますよ。

1.相手の気持ち あるがままの自分で
2.自分の気持ち 創造的になりましょう
3.アドバイス 一度にひとつずつ
4.結果 運動

まず「1.相手の気持ち」を見てみますと、「あるがままの自分で」というカードが出ています。
友達は質問者と一緒にいると「自分らしくいられる」「素顔の自分を出せる」といった気持ちがあるようです。
つまり、質問者に対して友達は「自分が素に戻れる存在」だと感じている、質問者が思っている以上に親しみを感じているようですね。
さらにカードのイラストを見てみますと、長い長い道が描かれています。
質問者と共に、これからも歩んでいきたい、行動を共にしていきたいという気持ちもあるのではないでしょうか。

そして「2.質問者の気持ち」を見てみますと、「創造的になりましょう」というカードが出ています。
質問者はこのお友達といることで、自分の中の創造性を書き立てられたり、さまざまなインスピレーションやひらめき、アイデアといったポジティブな影響を受けているようです。
カードのイラストにも月が描かれていますし、月は「直観力、スピリチュアリティ、女性性」の象徴ですから、やはり友達を通してスピリチュアリティな気付きを与えてもらえる、とても頼りになる存在だと思っているようです。

「3.アドバイス」のカードは、「一度にひとつずつ」というカードが出ました。
カードのイラストを見てみますと、ユニコーンが顔を伏せているのが気になります。
お互いにポジティブでよい印象を持ってはいるものの、その気持ちをお互いにまだ100%伝えきれていないのではないでしょうか。
そのような状態の2人が今よりももっと仲良くなっていくためには、急いで仲良くなろうとか、何かしらアクションを起こしてすぐに親友になろうなどとは思わず、一歩ずつゆっくりと、2人のペースで親しくなっていく方が良いようです。
少しずつ少しずつ接点を増やしながら、気付いたら一番近くにいた、といった流れの方が、この2人の場合はストレスにならずに済むようです。
焦らずにゆっくりと良い関係を築いていきましょう。

最後に「4.結果」のカードですが、「運動」のカードが出ました。
これは基本的には「体を動かしましょう」というメッセージのカードなのですが、「一緒に活動していくこと」「外に出て共に行動していくこと」といったメッセージに感じました。
今まで以上に質問者と友達が外で会う機会が増えたり、一緒に何かをはじめたり、といった事がこの先ありそうです。
また、カードには「咲き乱れる花」「滝」「山」が描かれています。楽しい時間や華やかなこと(花)、困難なこと(山)、感情的な問題(滝)など、さまざまな事があるかもしれません。けれどそれらすべてを、楽しげにステップしているユニコーンのように、軽々と乗り越えていくことがよく分かります。
さらに、この結果のカードとアドバイスカードを見てみますと、どちらにも「虹」が掛かっています。
まるで質問者と友達のカードに橋をかけているかのように見えますので、この2人はこれからどんどん仲良くなり、良い関係になっていくのではないでしょうか。

こんな感じになります。
参考にしてみて下さいね。



【通信講座メニュー】
◆タロットカード通信講座
◆タロットカード テキスト販売

【メール鑑定メニュー】
◆タロットメール鑑定
◆中国式四柱推命メール鑑定

【カードリーディングのコツ一覧】
◆タロットカードリーディングのコツ一覧
◆オラクルカードリーディングのコツ一覧
※タロットカード・オラクルカードのリーディングのコツなどをまとめた記事の一覧です。

◆占いサイト「わのおと(和の音)」ホームページ
◆お問合せメールフォーム

タイトルとURLをコピーしました