エンジェルタロットをオラクルカードとして有効に使う方法

エンジェルタロットカードに惹かれて、タロットはやったことないけど買っちゃった♡

という方、意外と多いのではないでしょうか。


↑これね♡

けれどいざ買ってみてもタロットの知識はないし、枚数多くて結局タロットとして全然使えてない……orz
なんて人も多いのではないでしょか。

そういう時はね、もうタロットとしてではなくオラクルカードとして使っちゃって下さい。
普通のオラクルカードと同じように、質問をして1枚引いて、ガイドブックの解説を読む。
それだけでも十分にカードリーでイングは出来ますよヽ(^o^)丿

けれどそこに、ちょっぴりだけタロットの小ワザを使ってみましょう。

エンジェルタロットカードは、22枚の大アルカナカード、56枚の小アルカナカードの2種類に分けることが出来ます。
その小アルカナカードはさらに、「火」「水」「風」「地」の4つの「スート」と呼ばれる種類に分けられています。
(通常のタロットなら、「ワンド(棒)」「カップ(聖杯)」「ソード(剣)」「ペンタクル(金貨)」の4つです)

大アルカナカード、そして小アルカナカードの4つのスート、これらを全部ひっくるめて「タロットカード」のデッキになります。
この大アルカナカードとスートの意味をちょこっと覚えると、ぐぐん!とエンジェルタロットリーディングが楽しくなりますよ。

まず大アルカナカード。
22枚の大アルカナカードは、人生に関わるような大きな変化や節目など、重要なメッセージを意味しています。
ですから、もしワンカードリーディングで大アルカナカードが出た場合、そのメッセージはとても重要である、という事が分かりますよ。

もし大アルカナカードが出た場合は、「これはとても重要なメッセージなんだな」と受け止めて、よりしっかりとガイドブックを読んでみましょう。

そして小アルカナカードは、「日常」を表します。
大アルカナカードのように人生に関わるような大きな出来事や重要なメッセージではなく、人生の流れに変化を与えることのない小さな出来事、日常的なメッセージであることが分かります。

そしてスートにもそれぞれ意味があります。

火 … 情熱、やる気
水 … 心、ハート、感情、恋心
風 … 知恵、コミュニケーション、攻撃性
地 … 現実的、お金、目に見えるもの

などです。
(解釈は色々ありますので、これらが絶対と言う訳ではありません。詳しくはカードのガイドブックを見て下さいね♪)

このスートの意味を覚えておくと、例えば「火の6」のカードが出た時、そのカードの意味だけでなく「今、自分に必要なのは情熱ややる気なんだな」といった事もも分かります。
何度カードを引いても、「水」のカードばかり出るな~という時は、もしかすると「心」や「感情」が今のあなたのテーマなのかもしれません。

こんな風に、大アルカナカード、そして4つのスートの意味をちょこっとだけ覚えておくと、単にカードを引いてガイドブックを読むだけにとどまらず、とても楽しくカードリーディングをすることが出来ますよ~。

エンジェルタロットをお持ちの方は、ぜひ一度試してみて下さいね。



【通信講座メニュー】
◆タロットカード通信講座
◆タロットカード テキスト販売

【メール鑑定メニュー】
◆タロットメール鑑定
◆中国式四柱推命メール鑑定

【カードリーディングのコツ一覧】
◆タロットカードリーディングのコツ一覧
◆オラクルカードリーディングのコツ一覧
※タロットカード・オラクルカードのリーディングのコツなどをまとめた記事の一覧です。

◆占いサイト「わのおと(和の音)」ホームページ
◆お問合せメールフォーム

タイトルとURLをコピーしました