メール鑑定をやってみたいあなたへ(6)

メール鑑定は、メールを使って「文章」で相手の方にメッセージをお伝えする鑑定方法です。
この「文章で伝える」ということは、実はなかなか難しかったりします。

自分はポジティブなメッセージとして伝えたつもりなのに、文章の書き方ひとつで相手はネガティブなメッセージとして受け取ってしまう場合があります。

対面の場合、すぐに訂正したり言い方を変えて誤解を解くことが出来ても、メール鑑定の場合すぐにメッセージのやりとりが出来ない場合が多いので、誤解されたまま相手の方が悶々としてしまう場合もあるかもしれません。

メール鑑定は対面リーディングよりも一見すると簡単そうに見えるかもしれませんが、メール鑑定はメール鑑定の難しさがあると思います。

そんなとても大切な文章の書き方ですが、なるべくきちんと正しいメッセージをお伝えするためにも、おススメの方法があります。

それは、

メッセージを「寝かせる」

です(^^)/

私の場合ですが、降って来たメッセージをがーっと一気にパソコンに打ち込んで行くので、後で読み返すと文章がめちゃくちゃだったり、表現がおかしかったりする時が多々あります(^_^;)

勢いで書いているので、一番大切な主語が抜けていたり、自分本位の書き方をしやすくなっちゃうんですよね。

そして書いている時やその直後だと、そのことになかなか気づきにくいんです。

ですので私は、メッセージを書いたら一晩はメッセージを寝かせるようにしています。

つまり、

時間を置いてもう一度メッセージを読み返す

という工程を入れています。

時間を置いて読み返すことで、書いている時は気づかなかった誤字脱字や文章の分かりづらさなどに気づく場合が多くあります。
また、冷静になって読み返すことで、さらに相手に分かりやすいように文章を修正することも出来ます。
ですので、「メッセージを寝かせる」という工程は本当に大切です。

出来れば一晩、時間が無い場合でも数時間は時間を置いてから読み返して、それからお届けすると良いでしょう(^^)/

どれだけよいリーディングをしても、相手のことを考えずに自分本位の文章を書いてしまったら、せっかくのリーディングが活かせなくなってしまいます。

その文章は誰のために書いているのか、分かりやすくなっているか、自分だけが分かる文章になっていないか、専門用語ばかり使っていないか、十分に理解出来る内容になっているか。

時間を置いて、冷静に読み返すクセをつけてみて下さいね。

このひと手間があるだけで、ぐっとメッセージの「質」が上がりますよ(°∀°)b



【通信講座メニュー】
◆タロットカード通信講座
◆タロットカード テキスト販売

【メール鑑定メニュー】
◆タロットメール鑑定
◆中国式四柱推命メール鑑定

【カードリーディングのコツ一覧】
◆タロットカードリーディングのコツ一覧
◆オラクルカードリーディングのコツ一覧
※タロットカード・オラクルカードのリーディングのコツなどをまとめた記事の一覧です。

◆占いサイト「わのおと(和の音)」ホームページ
◆お問合せメールフォーム

タイトルとURLをコピーしました