スリーカードリーディングをやってみよう!(5)

スリーカードリーディングの続きです。

→前回の記事はこちらからどうぞ。

例題

【相談内容】
片思いをしています。
相手は会社の先輩で、とても仕事が出来る人です。
この恋を実らせるにはどうすれば良いですか?
また、今のままで先輩に近づくことは出来ますか?

【出たカード】

現在:ワンド5の逆位置
原因・アドバイス:ソードエースの正位置
結果:月の正位置

今回は、3枚目のメッセージをまとめていきます。

メッセージのまとめ方のコツ

リーディングメッセージを上手にまとめるためには、「現在」「原因・アドバイス」「結果」というそれぞれの「カードの役割」をよく理解する必要があります。
そして、その「カードの役割」に沿って、リーディングメッセージをまとめるようにしていきましょう。

「現在」のまとめ方

1枚目の「現在」は、

「今はこのような状態ですね、このような気持ちを持っていますね、このような環境にいるようですね」

というまとめ方をしていきます。
このカードは「アドバイス」ではありませんから、「〇〇してみましょう」といったまとめ方はしません。
また、「近い未来」や「結果」ではありませんから、「〇〇になっていくでしょう」「〇〇になるようです」というまとめ方もしません。
あくまで「今は〇〇のようです」と、「現在」を表すようにメッセージをまとめていきましょう。

 

「原因・アドバイス」のまとめ方

「原因・アドバイス」も同様です。

「悪い結果になるのは、〇〇が原因のようです。だから××していきましょう」
「もっと良い結果を得るためには、〇〇していきましょう」

このように、「原因はこれですよ」「アドバイスはこれですよ」というまとめ方をしていきます。

 

「結果」のまとめ方

「結果」は、「質問に対する答え」ですから、質問内容をよく読んで理解して、それに対する「答え」になるようにメッセージをまとめていきます。

「結果的に〇〇になるようです」
「〇〇になる可能性が高そうです」

この「結果」とはあくまで「今現在から見た場合の結果」であって、「絶対に変える事が出来ない結果」ではありません。
アドバイスや原因を知ることで変えて行けますので、「絶対に〇〇になります!」といったまとめ方はしない方が良いでしょう。

 

そして3枚のメッセージをまとめる場合、カードの順番通りにまとめる必要はありません。

メッセージを伝えやすいように、分かりやすいように自由に順番を変えてまとめてみて下さい。

例として、下記に今回のリーディング結果をまとめてみます。

メッセージのまとめ方例

 

それでは、片思いをしている会社の先輩との関係についてリーディングしていきますね。
まず現在の状況・様子を見てみますと、その先輩を想っている人が多く、ライバルが多いというメッセージが出ています。
先輩はとても仕事が出来るとのことですので、なかなか競争率が激しかったり、迂闊にアプローチすることが出来ない状況なのではないでしょうか。

今のままならば、なかなかアプローチすることが出来なかったり、出来たとしてもはっきりとした関係になれなかったり中途半端な関係になってしまう可能性が高そうです。

そうならないためには、強い意思を持って積極的に行動することが必要なようです。
ライバルが多くても気にせずアプローチをしたり、受け身にならず自ら行動していくようにしてみましょう。

そのように心掛け行動することで、この結果を変えていくことが出来るのではないでしょうか。

 

※まず1枚目の「現在」のメッセージを伝えた後、そのまま3枚目の「結果」を伝え、最後に2枚目の「アドバイス」を伝えています。
このようにまとめることで、分かりやすく、アドバイスメッセージも受け取りやすくなります。

 

スリーカードリーディングのまとめ

今回の「現在」「原因・アドバイス」「結果」のスリーカードは、簡単なスプレッドですが色々な質問に使える優秀なスプレッドです。
タロットカード初心者さんは、まずはこのスリーカードをみっちりと練習して、メッセージを受け取る練習をしていくと良いと思います。

このスリーカードが出来るようになると、「カードの役割通りに読む」ことや、「現在の状況」や「結果」のメッセージを参考にしながら「アドバイスや原因」を見るといったコンビネーションリーディングも自然に身に着きます。
カードリーディングの基本が身に着きますので、ヘキサグラムやケルト十字法など、使用カード枚数の多いスプレッドにチャレンジした時、かなりやりやすくなると思います。

そしてカードリーディングのコツですが、1枚のカードから必要以上に大量にメッセージを読み取らないようにしましょう。
「このカードのエレメントは〇〇だから…」「星座で言えば〇〇だから」「象徴は〇〇だから」なんて小難しいことを考えず、出たカードの「基本的な意味」をしっかりと理解しながら、シンプルに、素直に、自然にカードを読んで下さい。

カードは、深読みしようと思えばいくらでも深読み出来ます。
捻った読み方をしようと思えば、いくらでも捻ることが出来ます。
けれどそのような読み方ばかりしてしまうと、時間ばかり掛かって、「インスピレーションでカードを読む」ということが難しくなってしまいます。
ですのでなるべく深読みせず、一番シンプルにリーディングすることが大切です。

まずはタロットカードを手に取って、実際にカードを引いてみましょう。
結局は、回数をこなすことが一番の上達法です。
何度もスリーカードをやってみて、カードリーディングのコツを覚えてみて下さいね。

以上でスリーカードの説明を終わります。



【通信講座メニュー】
◆タロットカード通信講座
◆タロットカード テキスト販売

【メール鑑定メニュー】
◆タロットメール鑑定
◆中国式四柱推命メール鑑定

【カードリーディングのコツ一覧】
◆タロットカードリーディングのコツ一覧
◆オラクルカードリーディングのコツ一覧
※タロットカード・オラクルカードのリーディングのコツなどをまとめた記事の一覧です。

◆占いサイト「わのおと(和の音)」ホームページ
◆お問合せメールフォーム

タイトルとURLをコピーしました