他の人をリーディングしてあげても良い?

先日、エンジェルカードリーディング通信講座 を受講中の生徒さんに、

「お友達や他の人をリーディングしてあげても良いですか?」
「プロ養成講座などを受けなければダメですか?」

といった質問を受けました。

他者リーディングですね。
全然OKですよ(^∇^)

自分の出来る範囲で、お友達や家族のためにメッセージを伝えてあげて下さい。

プロ養成講座などは、もちろん他者リーディングの方法や流れ、心構えなどを学ぶことが出来ると思います。
けれどこのような講座はあくまで「プロになるための近道」なだけで、これを必ず習得してからじゃないと他者リーディングをやっちゃダメ!というものではありません。

私自身、カードリーディングをはじめたばかりの頃は、今のように講座もなかったので独学でやっていました。
色々な失敗もしましたし、もう二度とカードリーディングはやらない!と思ったこともありました(笑)
でも、その経験があったからこそ、今こうしてプロとして活動できているのだと思います。
一番良い学びは「経験」ですので、他者リーディングが出来るのであれば、ワンカードリーディングでも良いのでぜひやってみましょう。

ただし、いつもいつも無料でやってあげていたり、いずれプロになりたいと思いながらズルズルと無料リーディングを続けていくのは、ちょっといただけません。
(私自身がこのクチだったので、たいそうなことは言えませんが…)

趣味の範囲とか、お友達と一緒に遊ぶ感覚でリーディングするのならば、いつまでも無料でやっていただいてよいです。
けれど、「いつかはお仕事としてやっていきたい」「プロとして活動していきたい」という気持ちがあるのなら、ずっと無料で続けていくといずれ辛くなったり苦しくなってしまいます。

「自信がつくまでは無料でやる」と思ってしまう方もいるかもしれませんが、自分で「プロとしてやっていこう!」と決意しないかぎり、何人やっても自信なんてつきません。

なので、自分で「無料リーディングを○○人やったら有料に切り替える」など目標を持つと良いと思います。

目安は20人。多くても50人。
それだけ経験を積めば、有料にしちゃいましょう。

もちろんワンカードリーディングなど、自分の出来る範囲でですよ。

他者リーディングは本当に勉強になります。
リーディングをマスターしてプロになりたい!という方は、ぜひ頑張って取り入れてみて下さいね。



【通信講座メニュー】
◆タロットカード通信講座
◆タロットカード テキスト販売

【メール鑑定メニュー】
◆タロットメール鑑定
◆中国式四柱推命メール鑑定

【カードリーディングのコツ一覧】
◆タロットカードリーディングのコツ一覧
◆オラクルカードリーディングのコツ一覧
※タロットカード・オラクルカードのリーディングのコツなどをまとめた記事の一覧です。

◆占いサイト「わのおと(和の音)」ホームページ
◆お問合せメールフォーム

タイトルとURLをコピーしました