時期を見るスプレッドのやり方

カードリーディングの時によく受ける質問の中に、

・恋人が出来る時期はいつ?
・転職するのに良い時期はありますか?

といったものが多くあります。
「○○の時期を知りたい」といった質問ですね。

こういった質問の場合、ケルト十字法やヘキサグラムを使ってしまうと、「この時期ですよ」といった答えが分かりにくく、質問者が求めるものを答えられなくなってしまいます。
こういった質問には、「ホロスコープ」というスプレッドを使います。

カードの並べ方、リーディングの方法


これがホロスコープです。

【1】のカードから、1月、2月、3月、と1ヶ月毎の運勢を見ていくことが出来ます。
最後の【13】のカードは、総合的な最終結果です。

今が5月で、これから先の出会いについて知りたい、という場合は、【1】を5月スタートにして、それから順に6月、7月、8月、と来年4月までの1年間を見ることも出来ます。

ただし、タロットカードはあまり遠すぎる未来を見ることは出来ません。
カードは「今現在から見た未来」しか見ることが出来ませんので、見る未来が遠ければ遠いほど的中率がどんどん落ちてしまうためです。
ですので、1年間ではなく、半年間など期間を短くしてリーディングした方が良いかもしれません。

私の場合、時期を見るときは半年バージョンの方で見ています。

【半年間バージョン】

カードの並べ方はこんな感じです。
横一列で面白みも何もありませんが……(^^;)

ホロスコープと同じように、【1】のカードから1月、2月、3月、と6ヶ月間の流れを見ていきます。
最後の【7】が総合的な結果です。

オラクルカードの場合は、デッキ枚数も少ないですし、この半年バージョンの方が使いやすいかもしれませんね。

もしタロットカードを使ってリーディングをする場合は、どこに大アルカナカードが出ているかに注目して下さい。
大アルカナカードは、大きな出来事や大きな変化を示してくれています。
大アルカナカードが出ている月が、質問者にとって何かしら大きな意味がある、という事が分かります。

そして恋愛運や出会い運について見ている時は、どこにコートカードが出ているかにも注目して下さい。
ペイジ、ナイト、キングのカードは、男性とのご縁の暗示になります。
(他にも愚者、魔術師、皇帝、法王、戦車なども、男性とのご縁として見ることが出来ます)

ただし、逆位置で出た場合は「悪縁」ですので、出会いはあってもあまり良くないご縁であることが分かります。

1年間(または半年間)の流れが分かるスプレッドですので、

・1年間(または半年間)の会社経営の流れ
・1年間(または半年間)のお金の流れについて
・1年間(または半年間)の健康状態について

といったものも見ることが出来ますよ。

※もっと短い期間の時期を見たい場合

1ヶ月ではなく、例えば1週間、1日、1時間といった短い単位での流れを知りたい場合は、半年バージョンのスプレッドのように、横一列にカードを並べながら、それぞれ知りたい時間の単位でリーディングしてみて下さい。

(例)
【1】1週間後 【2】2週間後 【3】3週間後 …
【1】1日後 【2】2日後 【3】3日後 …
【1】月曜日 【2】火曜日 【3】水曜日 …
【1】1時 【2】2時 【3】3時 …

さらに最後に総合的な結果を示すカードをつければ、それぞれの期間の総合的な結果を見ることが出来ます。
スプレッドを自由に組み立てて、自分が使いやすいものを作って見て下さいね。

サンプルリーディング

それでは、「ホロスコープ」を使ったリーディングを早速やってみましょう!

ホロスコープなど枚数の多いスプレッドの場合、いくつかのオラクルカードをまぜて使うことをおススメします。
44枚デッキでは枚数が少なすぎて、毎回同じカードばかりでてしまう可能性があるからです。
(半年バージョンなら、44枚デッキでも大丈夫ですよ♪)

ということで。
今回は、「マーメイド&ドルフィン」と「セイント&エンジェル」を使いたいと思います♪


左がマーメイド&ドルフィン 右がセイント&エンジェル

2つのデッキ、合計88枚はとても手でカットできなかったので……


2つのデッキを、テーブルの上でわしゃ~とまぜてから、ひとつにまとめて、


このようにテーブルの上に扇状に並べて、左手で13枚、素早くカードを引いていきましょう。

あれがいいかな~、これがいいかな~などと考えずに、素早く直感で引いていくことがポイントですよ!

13枚引いたら、テーブルの上に引いたカードを並べていきます。

※上記の方法は、あくまで一例です。
カードのカットやシャッフルはご自身のやり易い方法でやってみて下さいね。

質問は、「1年間の恋愛運、出会い運について」です。
わしゃ~とまぜているときに、しっかり質問を意図しておきましょう。


出たカードはこちらです。
(ぼやけててごめんなさい。さすがにスプレッドが大きすぎました)

一番左側の真ん中から、反時計回りに「1月」「2月」「3月」…となって、中央のカードが「総合的な最終結果」です。

順に見て行きましょう。
(ガイドブックを使わないリーディング法で読んでいきますので、カード本来の意味と全く違う場合があります)

1月
男性がキラキラと輝く聖杯をかかげています。
「宝物を見つけた~」というセリフが心に浮かんできました。
質問者にはまだ想いを寄せている人など特定のお相手はいませんから、1月にはキラキラとした聖杯のような、新しい素敵な出会いはあるようです。

2月
細い三日月に、マーメイドが楽器を持って座っています。
月は「女性性」を表しますし、楽器は「自分を表現する」といったイメージがあります。
2月は、1月に出会った人に対し、自分の女性らしさなどをアピールしたり、女性を磨くといった流れになっていきそうです。

3月
水面には白鳥、水面下にはたくさんのイルカたちがいます。
白鳥は「優雅さ」という意味がありますので、質問者は女性性に磨きをかけて、とても魅力的な女性に変りつつあるのでしょう。
けれど水面下ではたくさんのイルカが泳いでいます。
イルカは「たくさんのライバル」というイメージがありましたので、質問者の周りにはたくさんのライバルがいて、それが質問者の心の中に常にあるようですね。

4月
ひとりのマーメイドがお風呂にゆったりと使っています。カードの色はピンクです。
ここでも質問者は、自分磨き、特に女性らしさを磨いているようです。(ピンク色から)
けれど癒しのイメージもあるので、自分磨きをしつつ、ちょっと一休み、といった感じでしょう。
1月に出会った人との進展は、ここまではあまり見られません。

5月
虹色に輝く天使が、大きく両手を上げていて、モヤモヤとしている周囲の雲っぽいものが、晴れてきています。
4月までは自分磨きなどをしてあまり動きのなかった質問者ですが、5月に何かしら行動するようです。
大きく自分をアピールしていますから、気になる彼に対して積極的に行動することで、今までモヤモヤしていた気持ちを吹き飛ばしていくのかもしれませんね。

6月
マーメイドと妖精が、海の岩場で何か話しをしています。
背後の月は満月です。
2月の時は三日月だった月が、ここで満月になっています。
何かしら「時は満ちた」といった出来事があるかもしれません。
妖精からは、何かアドバイスを受けているように感じますので、友達などにアプローチ方法などを相談して、時が満ちたりチャンスが訪れるのを待っている状態のようですね。

7月
ひとりの天使が両手を広げて、崖から飛び立とうとしています。
空は薄暗く、一部分だけが明るいので、もうすぐ「朝日」が差し込んできそうです。
ここで、質問者は大きな行動に出るようです。まさに崖から飛び降りる覚悟で臨むこと、つまり「告白」などに行動にでる可能性が高いでしょう。
5月のアピールでは不足だったため、6月に友達と相談しつつチャンスを待ち、7月にもう一度今度はもっと積極的に分かり易くアタック!といった流れだったようですね。

8月
マーメイドが海底に沈んでしまっています。けれど顔は笑顔です。
告白はうまくいかず、良い返事がもらえなかったようですね(海底に沈んでいる)。
けれど落ち込みながらも、質問者の心は前向きなようです(笑顔)。
どこかで告白はうまくいかないと分かっていたのかもしれません。
1月に出ていたキラキラ輝く聖杯は、掲げられていました。つまり、自分にとってそのお相手は「高嶺の花」だと分かっていたのかもしれませんね。

9月
天使が楽器を奏でています。2月のカードに出ていた楽器と同じですが、こちらのカードの方が輝いて見えます。
以前よりもさらに、自分を表現することを意識し、前向きに努力していくようですね。
やはり、告白はうまくいかなかったものの、前向きに努力されているようです。

10月
紫色の翼の天使が、緑色の鳥とヒョウと共に座っています。周りのグリーンが印象的です。
質問者はここまで、恋愛はうまくいかないものの、さまざまな気付きや知恵(紫色)があり、成長(グリーン、鳥)して自信(ヒョウ)をつけてきたことが分かります。
そんな自分自身をゆっくりと見つめ直し、恋愛はちょっと休憩中(座っている天使)といった時期のようです。

11月
ひとりの女性が、水面から顔を出しているイルカに手を差し伸べています。
洞窟の中ように見えますが、頭上からは強い光が差し込んでいます。
8月~10月までは落ち込んでいたり自分を見つめ直していた質問者だったのですが、11月にはまた新たな出会いや、ご縁がありそうです。
質問者にとっては、今までノーマークだったり、意識していなかったお相手かもしれません。
(イルカが水面下から出てきているため)
お相手の方からアプローチされ、質問者はそれを受け入れたのでしょう。

12月
虹が出ている川の上で、マーメイドが楽しそうにブランコに乗っています。
今までの流れとは雰囲気がだいぶ違います。とても幸せそうで、楽しそうです。
虹は幸運のシンボルです。
11月に出ていた新しいアプローチを受けて、質問者はとても幸せな気持ちであり、新しい恋愛を楽しんでいることが分かります。
今まで質問者が頑張ってきたからこそ、新たなご縁をつかむことが出来たのでしょう。

最終的な結果
ひとりの天使が、子どもの天使と共に立っています。
その翼はとても大きく、表情は自信に満ち溢れています。
カードは全体的に紫色です。

11月、12月は恋愛がうまくいく暗示は出ていたものの、10月まで質問者はさまざまな努力をしたり自分を見つめ直して、自分を磨くことを意識してきました。
1年間を通して、質問者はさまざまな経験や知識を得て(紫色)、自信をつけることができるようですね(自信に満ちた表情、大きな翼)。

ふたりの子どもは、「2回の恋愛のチャンス」を意味しているように感じました。
1回目のチャンスは生かせなかったものの、その出会いがあったからこそ自分を磨くことが出来、2回目のチャンスを引き寄せることが出来たのでしょう。
そういう意味から、2度の恋愛をどちらも生かすことができる(二人の子どもを抱きしめる)、自分自身の成長と新たな恋愛を引き寄せる、素敵な1年間になりそうです。

……と、このような恋愛の流れになることが分かります。

今回の例ですと、出会いがありそうな月は1月と11月ですね。
それまではどのような流れなのか、どこでどのように努力すれば良い出会いを生かすことが出来るのかなどを読み取っていきましょう。

先が長すぎる!
という方は、半年バージョンの方でやってみてね♪



【通信講座メニュー】
◆タロットカード通信講座
◆タロットカード テキスト販売

【メール鑑定メニュー】
◆タロットメール鑑定
◆中国式四柱推命メール鑑定

【カードリーディングのコツ一覧】
◆タロットカードリーディングのコツ一覧
◆オラクルカードリーディングのコツ一覧
※タロットカード・オラクルカードのリーディングのコツなどをまとめた記事の一覧です。

◆占いサイト「わのおと(和の音)」ホームページ
◆お問合せメールフォーム

タイトルとURLをコピーしました