タロットカードで占えること

タロットカードは、どのような質問にも答えられる魔法のようなツールではありません。

タロットだけでなく、たとえば西洋占星術、四柱推命、辻占い、手相など他の占いも、それぞれ占えることと占えないことがあります。

今回は、タロットカードで占えること、タロットの特性などを書いていきます。

 

タロットカードで占えるのは、約1年程度先まで

タロットカードを使った占いは、1年先程度までしか視ることが出来ません。

一応、やろうと思えば出来ることは出来ます。
けれど「未来」というものは、ちょっとした選択や決断、ちょっとした方向転換でどんどん変わっていきます。
つまり、遠い未来になればなるほどその未来は変わりやすくなり、「的中率」が下がってしまうんです。
ですので、未来について占う時は、1年程度先までにしておきましょう。

もし、タロット占い師さんで遠い未来まで占っている方がいらっしゃるとすれば、その占い師さんは占星術など他の占いを併用しているか、霊能力とか何か特殊な能力でもあるんだろうと思います。
タロットだけで占う場合は、通常は遠い未来は占わない方が良いでしょう。

半年から1年程度先の未来のこと

タロットは1年以上先の未来についてはリーディングをしない方が良い、と書きましたが、逆に1年以内のことならば、タロットはとても強い味方になってくれます。
たとえば、好きな相手に告白した場合の未来、起業して半年後はどうなっているのか、1年間の出会い運、健康運、金運などの時間の流れや運気なども占うことが出来ます。
遠い未来に関することは不得手ですが、近い未来のことにはとても強いパワーを発揮します。

相手の気持ちや状況など

たとえば片思いの相手、友達、会社の上司など、相手の気持ちや状況を占うことが出来ます。
今、相手はどのような気持ちを持っているのか、どんな状況なのか、自分に対してどのような想いを持っているのか、そういったことを知ることが出来ます。
また、相手の本音や深層心理、表に出ていない裏の気持ちといったように、自分自身でも気づいていない「心の根底」なども占うことが出来ます。

2つの選択肢のそれぞれの未来や結果

たとえばA塾とB塾のどちらが自分に合っているのか?、という質問の場合。
A塾とB塾それぞれを選択した場合の未来や結果を占うことが出来ます。
2つの選択肢それぞれの結果をリーディング出来ますから、選択肢を選ぶ際の大きなヒントになります。

YES・NOも占えます

オラクルカードは「YES・NO」を求めるような質問は不向きなのですが、タロットでは「YES・NOスプレッド」という、YES・NOを判断出来るスプレッドがありますので、そのようなスプレッドを使用すればYES・NOを求めるような質問をすることが出来ます。
ただ、私の個人的な意見ですが、「はい」か「いいえ」を知りたいだけならコインを投げて裏表で判断すれば良いだけの話、つまり2分の1の確率ですから、あまりやっても意味が無いかなぁと思います。私的には、あまりおススメはしません。
出来ればオラクルカードと同じように、YES・NOを求めるような質問は避けて、自分で選択・決断した上で質問をした方が、よりリーディングもしやすくなりますし、アドバイスメッセージなども実行に移しやすいと思います。

 

タロットで占えるのはこんな感じです。
もっとあるかもしれませんので、思い出したら追加していきます。(笑)

タロットで占えないのは、遠すぎる未来の他にも、生まれ持った宿命や生まれ持った才能、人生全体の流れや人生全般の運気なども占うことが難しいです。

タロットの性質をよく理解しながら、タロットカードに合った質問で占ってみて下さいね。



【通信講座メニュー】
◆タロットカード通信講座
◆タロットカード テキスト販売

【メール鑑定メニュー】
◆タロットメール鑑定
◆中国式四柱推命メール鑑定

【カードリーディングのコツ一覧】
◆タロットカードリーディングのコツ一覧
◆オラクルカードリーディングのコツ一覧
※タロットカード・オラクルカードのリーディングのコツなどをまとめた記事の一覧です。

◆占いサイト「わのおと(和の音)」ホームページ
◆お問合せメールフォーム

タイトルとURLをコピーしました