無料リーディングの落とし穴

この記事を読んで下さっているという方は、カードリーディングに興味がある方ばかりだと思います。
中には、いずれカードリーダーとしてお仕事したい!やってみたい!という方もいらっしゃると思います。
そのために、一生懸命リーディングの練習をしているかもしれませんね。

私も、まだお仕事としてはじめていなかった頃、無料でリーディングの募集をして練習を繰り返していました。
今までで無料リーディングしてきた人数をざっと数えると、のべ1600人以上!!
これは地道にカウントしてきた分ですので、カウントしてなかった分も含めれば、かなりの人数になると思います。

無料リーディングでたくさんの方たちのリーディングをさせてもらえて、本当に勉強になりましたし、その積み重ねて来たものが結果として出ていると思います。
ですので、お仕事としてカードリーディングをはじめたい!リーディングの勉強をしたい!という方は、どんどんモニターさんを募って練習して欲しいと思います。

タダネ、この無料リーディング。

練習にはもってこいなのですが、とある落とし穴があります。

それはですね……

無料リーディングの数をこなしたからといって、それは決して自信にはつながらない

という落とし穴です(笑)

無料リーディングは、金銭が発生しません。
金銭が発生しませんから、受ける方もやる方もお互い気楽です。
けれど気楽だからこそ、メッセージを受け取る側もいまひとつ真剣に受け取れなかったり、やる側もいまひとつ真剣味が欠けてしまいます。

練習するにはもってこいですし、「無料で受けられる」「練習相手になってもらえる」とお互いよ点しかないように見えますし、実際に実力も技術も伸びると思います。(真面目にやればね)

けれどそれで「自信」がつくかというと……
つかないんですよねぇ。これが(^^;)

どれだけ人数をこなしても、

「でも無料でやってることだし…」
「無料だからみんな申し込んでくれてるだけだし…」
「もし有料にしたら、全然お客さんなんて来てくれらいかもしれないし…」
「それにお金を取るなんてこと、怖くて出来ない!」

なーんて堂々めぐりになって、結局ずーっとずーっと無料リーディングを続けるハメになります。

はい。これ全部私のことですけれど(笑)

(それで結局1600人も無料リーディングし続けた、という……)

結局、カードリーダーとして「あ、私出来る!」と感じられるようになったのは、有料リーディングに切り替えた後からでしたね。
それまでは、たとえ1000人リーディングしても自信なんてつきませんでした。

無料リーディング。いいですよ。どんどんやっちゃって下さい。
練習して下さい。
けれど、無料リーディングをやりすぎないで下さい。

いずれカードリーディングのお仕事をしたいと思っているのでしたら、ある程度のところで区切りを付けて、勇気を出してお金をいただいて下さい。
料金を上げて下さい。

ドリーンさんの本には、「20人無料リーディングをしたら、有料に切り替えましょう」と書いてあった記憶があります。
20人、少なっ!、と読んだ当時は思ってましたけれど、今は私もそれくらいで良いと思っています。

お客様のお役に立ちたい。そんな気持ちを持って心を込めてカードを引いて、きちんとメッセージを受け取ってお伝えして、愛を持って接することが出来れば。
技術とか実力とか実績とかほんとどーでもいいんです。
カードからのメッセージをきちんと受け取って、愛を持ってきちんとお伝えする。それが出来れば、それでOK。
そしてふと気づい頃に、なんとなーく自信がついてますよ(笑)

あ、そうそう。

「私はお金なんていらないわ!無料で困っている人たちにメッセージを届けるのがライフワークなの!」

という方は、無理に有料にしなくても良いですからね。
それはそれで素晴らしいです。

お仕事としてカードリーダーを目指している方は、無料リーディングのループに陥らないようにして下さいね~。
私みたいに、ものすごーく遠回りすることになっちゃいますよ(笑)



【通信講座メニュー】
◆タロットカード通信講座
◆タロットカード テキスト販売

【メール鑑定メニュー】
◆タロットメール鑑定
◆中国式四柱推命メール鑑定

【カードリーディングのコツ一覧】
◆タロットカードリーディングのコツ一覧
◆オラクルカードリーディングのコツ一覧
※タロットカード・オラクルカードのリーディングのコツなどをまとめた記事の一覧です。

◆占いサイト「わのおと(和の音)」ホームページ
◆お問合せメールフォーム

タイトルとURLをコピーしました