【四柱推命鑑定】割引価格でお子さんの鑑定をいたします。

こんばんは。

【期間限定】2020年下半期メール鑑定ですが、締切が今月末となっております。

メニュー内容は、タロットで今年後半の運気を見る「タロット占い」、そして今年後半をイキイキと楽しく過ごすための「5つの神託メッセージ」です。

気になる方は7/31までにお申込み下さいね。

よろしくお願い致します!

 

そして本日、新たな期間限定メニューを立ち上げました。

今現在、コロナウィルスの影響、そして夏休みと、お子さんがご自宅にいる時間が増え、ご家族、特にお母さんの負担やストレスが増加傾向にあります。
そんなお母さんの負担を少しでも軽減するために、「四柱推命」お子さんの鑑定割引キャンペーンを開催いたします。

 

私が中国式四柱推命を学び、鑑定出来るようになって一番「良かった」と感じたのは、自分の子どもの命式を読み解くことが出来るようになったことです。
私には3人息子がいるのですが、3人共性格はバラバラ。食べ物の好みも3人全く違います。
唯一共通しているのは「ゲーム好き」という点ですが、好きなゲームの種類もバラバラ。
それぞれ本当に個性が違っていて、理解出来ない、と思うこともしばしばでした。

そんな子供たちの命式をそれぞれ見てみると、「なるほど納得!」と思うことばかりでした。
「〇〇だからこのような性格なのか」
「〇〇だからこういう時こんな反応をするのか」
と、ストンと腑に落ちました。

簡単に説明すると、長男と三男は身弱、次男は身強の命式です。
(身弱だから悪い、身強だから良い、ということはありません。どちらにも長所・短所があります。)

そして私は身強です。

そんな私は、長男と三男に対しては「なぜそんなに消極的なのか」「もっと〇〇すれば良いのに…」と理解が出来ず、気の強い次男とはガンガンぶつかってばかりいたんですね。

まぁ当然ですよね。
身強同士ですからぶつかる時はぶつかりますし、身弱の人に「身強の人のようになれ」と言っても無理があります。

これが分かっただけでも、かなり対応が変わりました。
「ああ、この子はこういう性格だから仕方ない」
と、自分の考えを押し付けることは無くなりましたし、それぞれの付き合い方、個性の伸ばし方も分かりましたので、かなり気が楽になりました。

子どもの資質・性格などを理解することで、お子さんへの接し方、どのように個性を伸ばせば良いのかが分かります。
もし引きこもってばかりのお子さんならば、無理に外へ出そうとしてもお子さんが苦しむだけかもしれません。
なぜ引きこもってしまうのか?、その原因を命式から読み解き、お子さんに合わせた対策を取ることが出来ます。

気が強くて口答えばかりするお子さんならば、なぜ気が強いのか、その理由を四柱推命で鑑定することが出来ます。

鑑定を通して、少しでもコロナウィルスで困っている人を手助け出来れば……と思います。
そのため、かなり大幅な割引をさせていただいております。

 

 

また、お子さんだけでなく「親」の命式を知ることも大切です。
私のように身強の場合、身弱の子どもに対して理解が出来なかったり「これくらい出来て当然」と、自分の考えを押し付けてしまいがちです。
そうならないように、お父さん・お母さんの「性質・タイプ」もしっかりと理解しながら、お子さんと向き合うことが大切です。

そのため、お子さんのお申込みと一緒にご両親や家族のお申込みをしていただいた場合、そちらも割引価格で鑑定いたします。

 

 

中国式四柱推命鑑定でお子さんの素質や性格・長所や欠点に気づき、お子さんにどのように接すれば良いのか、どのようにお子さんの長所を伸ばせば良いのかを知ることで、お子さんに対する不安や悩みが少しでも解消されれば嬉しいです。

 

【キャンペーン注意事項】

※お子さんの対象年齢は0歳~18歳(高校3年生)までです。

※四柱推命鑑定は、生年月日の他に「正確な生まれた時間」「生まれた場所」が必要です。
生まれた時間が分からない場合、鑑定は出来ませんのでご了承下さい。

※通常の鑑定では、「今後5年間の運気の流れ」も鑑定していきますが、今回のキャンペーンでは性格や素質、長所・短所など基本的な鑑定のみになります。

詳しくは、こちらの記事でご確認下さい。

よろしくお願い致します。



【通信講座メニュー】
◆タロットカード通信講座
◆タロットカード テキスト販売

【メール鑑定メニュー】
◆タロットメール鑑定
◆中国式四柱推命メール鑑定

【カードリーディングのコツ一覧】
◆タロットカードリーディングのコツ一覧
◆オラクルカードリーディングのコツ一覧
※タロットカード・オラクルカードのリーディングのコツなどをまとめた記事の一覧です。

◆占いサイト「わのおと(和の音)」ホームページ
◆お問合せメールフォーム

タイトルとURLをコピーしました