占いの落とし穴

占いは本来悩みを解決へと導いてくれたり、指針になったり、背中を押してくれるものです。
けれど、そんな占いにも落とし穴があります。

それは、

依存!

です。

特に無料でやっていたときは多かったですね。
自分では何も決められず、次々と質問してくる人。

ホントどーでもいいような、「今日の夕飯は肉と魚どっちがいいですか?」的なことまで質問してきます。

これはね、ダメですね。

占いなしでは何も決められない
自分では何も決断できない
占い師に言われたこと以外は信じられない
何をするにもまずは占いをしてからじゃないと行動出来ない。

こうなってしまうと、もう依存症です。

「占い」が楽しいものでも背中を押してくれるものでもなく、

占いが主役、あなたは脇役

になってしまっています。
つまり、あなたの人生があなたのものでは無くなってしまっているんです。
依存することでどんどん自信を失い、自分を見失い、何をどうすれば良いのか分からなくなってしまいます。

そうならないために、占いに依存するのではなく、上手に利用していきましょう。
まずは、自分で決断できるものは自分で決めるクセをつけましょう。
けれどどうしても迷いがある、決められない、背中を押して欲しい、行動する勇気が欲しい。
そんな時にちょこっと占いの手を借りてみる。
あくまで「ひとつのアドバイス」「ひとつの選択肢」として受け取ってみる。

そんな風に占いとお付き合いすることが出来れば、「人生の主役」を奪われずに、楽しく占いとお付き合いすることが出来るんじゃないかな、と思います。

そして私たちカードリーダー、占い師も、クライアントさんたちに依存しないように気をつけていきたいですね。

クライアントに褒められたい、すごいと言われたい、頼りにされている、役に立っている…

そんな気持ち・高揚感から、クライアントを手放せずにいる占い師もいます。
金銭的にも、クライアントがいないと商売になりませんから。
どうしてもつかまえておきたくなるんでしょうね。

お互いに、必要としている時、必要とされている時に、正しくコミュニケーションを取れると良いですね。
依存せず、楽しくカードや占いを取り入れていきましょう!



【通信講座メニュー】
◆タロットカード通信講座
◆タロットカード テキスト販売

【メール鑑定メニュー】
◆タロットメール鑑定
◆中国式四柱推命メール鑑定

【カードリーディングのコツ一覧】
◆タロットカードリーディングのコツ一覧
◆オラクルカードリーディングのコツ一覧
※タロットカード・オラクルカードのリーディングのコツなどをまとめた記事の一覧です。

◆占いサイト「わのおと(和の音)」ホームページ
◆お問合せメールフォーム

タイトルとURLをコピーしました